ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ゆめるんネット > 健康・予防接種 > 出産0~5歳(就学前) > > ロタウイルスワクチン接種の助成

ロタウイルスワクチン接種の助成

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月1日更新 <外部リンク>

 南あわじ市では、平成30年度より乳幼児における急性胃腸炎の主な原因で、感染力が非常に強いロタウイルスについて子どもが任意接種を受けているロタウイルスワクチン接種に要する費用の一部を市が負担します。
 接種方法等については、下記のとおりとなっておりますので、接種を希望される方は、医療機関にご相談のうえ接種してください。

内容

対象者

 南あわじ市に居住する平成30年4月1日以降に生まれた者で、生後6週から生後24週または生後32週までの間にある者。

接種回数・接種間隔

 ロタウイルスワクチンは2種類あり、接種するワクチンによって対象年齢、接種回数が異なります。
 ロタリックス(1価ワクチン)は生後6週から生後24週の前日までに4週間以上あけて2回接種します。
 ロタテック(5価ワクチン)は生後6週から生後32週の前日までに4週間以上あけて3回接種します。
 ※どちらも、初回接種は生後14週6日までが望ましい

助成内容

助成額

 ワクチン接種費用のうち2,100円を上限として市が負担(2回限り)または、1,400円を上限として市が負担(3回限り)

自己負担額

 接種費用額のうち市の負担額を超える額
 医療機関により自己負担額は違いますので、接種希望の医療機関にご確認ください。

接種医療機関

 個別予防接種委託医療機関(南あわじ市・小児~20歳未満対象)
 指定医療機関以外での接種を希望される方は、健康課にご連絡ください。

接種方法

 対象者には、生まれた翌月にロタウイルスワクチン接種券(桃色)を郵送します。希望される方は、実施協力医療機関に事前に電話連絡し、接種券と母子健康手帳をお持ちのうえ接種を受けてください。

(参考)ロタウイルスワクチン種類別比較表

ワクチンの種類 接種対象年齢 接種間隔・回数 接種量 助成回数 市の負担額(金額/1回)
ロタリックス 生後6から24週の前日まで 4週以上あけて2回 1回に1.5mlを経口摂取 2回 上限2,100円
ロタテック 生後6から32週の前日まで 4週以上あけて3回 1回に2.0mlを経口摂取 3回 上限1,400円

※両ワクチンとも、初回接種は生後14週6日までが望ましい
※接種後、腸重積症状(ぐったりする、顔色が悪い、繰り返し起きるおう吐、いちごジャムのような血便、お腹の張りなど)がみられた場合は、必ず診察を受けるようにしてください。


このページのトップへ