ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ゆめるんネット > 手当・助成 > 妊娠 > > 妊婦健康診査費の助成

妊婦健康診査費の助成

印刷用ページを表示する更新日:2020年4月1日更新 <外部リンク>

妊婦健康診査費の助成について

 南あわじ市では妊娠された方がより健やかな妊娠期を過ごし、安心して出産を迎えていただくために、妊婦健康診査費助成事業を行っています。妊婦健康診査は妊婦とおなかの赤ちゃんの健康を守るために重要で、必要な健診回数が14回程度といわれています。兵庫県内の協力医療機関・助産所で使用できる妊婦健康診査費助成券を14枚交付し、妊婦健康診査の費用を助成しています。決められた時期に必ず受診しましょう。

助成対象者

妊婦健康診査受診時に南あわじ市に住所を有する妊婦

助成内容

 国内の医療機関・助産所で実施する妊婦健康診査の受診に係る費用(保険適用外のもの)に対し、健診回数14回かつ助成額98,000円を限度とする。(保険適用外の費用であっても、妊娠反応検査、予防接種、胎児検査、文書料、入院費、母親学級等の妊婦健康診査に係らない費用は含みません。)

助成券の内訳

  • 17,000円券×1枚
  • 11,100円券×1枚
  • 10,500円券×1枚
  • 9,500円券×1枚
  • 7,200円券×1枚
  • 6,600円券×1枚
  • 4,700円券×5枚
  • 4,200円券×3枚

助成券の交付

 市に妊娠届出と同時に助成券の交付申請をしてください。(他市で母子健康手帳の交付を受け、南あわじ市に転入される妊婦の方は転入時に助成券の交付申請をしてください。)県外の医療機関等を受診の場合は口座振込での助成となりますが、助成金の申請時に未使用の助成券が必要ですので、妊娠届出(または転入)時に助成券の交付申請をしてください。

申請に必要なもの

  • 母子健康手帳(妊娠届出時に交付されます)
  • 印鑑(シャチハタ不可)
申請窓口

南あわじ市健康課

助成の受け方

☆助成券による助成(県内の協力医療機関・助産所で受診する場合)

  • 妊婦健康診査受診前に助成券に氏名、生年月日、住所をご記入ください。
  • 妊婦健康診査受診時に助成券を医療機関等へ提出ください。
  • 保険適用外の費用のみ助成券が使用できます。助成券は妊婦健康診査1回につき1枚、本人のみ使用できます。
  • 助成券の上限金額を超えた場合は、その差額は医療機関等にお支払いください。

※助成券を紛失・破棄された場合、再交付はできません。保管には十分ご注意ください。
※助成券は南あわじ市外へ転出された場合は使用できません。

☆口座振込による助成(県外の医療機関・助産所で受診する場合や助成券を使用できなかった場合)

 未使用の助成券、妊婦健康診査受診時の領収書・明細書を保管し、南あわじ市健康課へ申請してください。口座振込により助成します。

申請期限

今回の妊娠による出産日より6か月以内

申請に必要なもの
  • 妊婦健康診査費助成金交付申請書兼請求書
  • 未使用の助成券
  • 医療機関等が発行した領収書(保険適用外のもので、受診日に南あわじ市に住所を有するものに限ります。)
  • 医療機関等が発行した明細書(ただし発行していただけない場合や有料の場合はなくても申請可。)
  • 受診者本人名義の口座がわかるもの(本人名義以外の口座を希望する場合は、申請書兼請求書下部の委任状欄に本人の記入・捺印が必要です。)
  • 印鑑(シャチハタ不可)

※未使用の助成券の返却枚数分まで助成できます。また、紛失・破棄された場合でも再交付はできませんので、保管には十分ご注意ください。
※助成券を使用した日の差額支払い分の領収書は助成対象となりません。
※助成対象となる領収書については、医療費控除との併用はできません。

申請書兼請求書


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ