ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
予算・決算

平成30年度予算

印刷用ページを表示する更新日:2018年3月29日更新 <外部リンク>

平成30年度予算

当初予算

 一般会計と特別会計、企業会計を合わせた予算総額は456億5,833万1千円で前年度当初予算と比べて、25億2,842万1千円(5.2%)減額しました。
 一般会計の平成30年度予算は、火葬場建設事業、市(いち)保育所整備事業など大型の施設整備予算や、保育士確保対策事業など「5つの行動」に基づいた新たな事業の予算を計上したことなどにより、267億円となり前年度肉付け後(※)予算と比べて4億2,800万円(1.6%)増額しました。しかしながら、これまで同様に効率的かつ効果的な配分に努め、8年連続で財政調整基金を取り崩さず収支均衡のとれた予算編成となっています。
 特別会計をみると、国民健康保険特別会計(保険事業勘定)は、平成30年度より都道府県が財政運営の主体となることから、これまで都道府県単位で財源調整のために措置していた共同事業にかかる交付金及び拠出金などが皆減となったことなどにより、前年度当初予算に比べ16億886万円(19.2%)の減額、ケーブルテレビ事業特別会計は民間化推進事業に係る補助金が平成29年度で終了となり、前年度当初予算に比べ2億5,144万2千円(33.3%)の減額になったことなどにより、特別会計全体で20億1,746万9千円(13.2%)の減額となっています。 
 また、企業会計をみると下水道事業会計において今後の収支見通しなどから整備方針を一部見直し、施設の長寿命化や統廃合などの事業費を抑制したことにより、前年度当初予算に比べ6億6,845万円(11.5%)の減額、国民宿舎事業会計は、平成29年10月末で営業を停止し、平成30年度から指定管理者制度を導入することにより平成29年度末をもって企業会計を廃止。新たに特別会計を設置することから企業会計予算は皆減となっています。

 

(※)平成29年度一般会計肉付け後予算は262億7,200万円(骨格予算261億8千万円+肉付け予算9,200万円)

「骨格予算」:地方自治体の予算編成期や新年度早々に首長などの選挙がある場合、
         政策的判断が必要な事業を除いた人件費など義務的経費を中心に組む予算。
「肉付け予算」:骨格予算に政策的経費や新規事業等の経費を加える補正予算。

 

 

当初予算の概要

       平成30年度当初予算概要説明書 [PDFファイル/552KB]

   平成30年度予算概要のイメージ図

       平成30年度事業概要説明書(写真付き解説) [PDFファイル/6.11MB]

   事業概要説明書のイメージ写真

予算書

一般会計

        平成30年度一般会計当初予算書 [PDFファイル/860KB]

特別会計・企業会計

        平成30年度国民健康保険特別会計当初予算書 [PDFファイル/365KB]

        平成30年度後期高齢者医療特別会計当初予算書 [PDFファイル/159KB]

        平成30年度介護保険事業特別会計当初予算書 [PDFファイル/480KB]

        平成30年度土地開発事業特別会計当初予算書 [PDFファイル/172KB]

        平成30年度産業廃棄物最終処分事業特別会計当初予算書 [PDFファイル/214KB]

        平成30年度ケーブルテレビ事業特別会計当初予算書 [PDFファイル/263KB]

        平成30年度国民宿舎事業特別会計当初予算書 [PDFファイル/191KB]

        平成30年度下水道事業会計当初予算書 [PDFファイル/362KB]

        平成30年度農業共済事業会計当初予算書 [PDFファイル/408KB]

        平成30年度広田財産区特別会計当初予算書 [PDFファイル/182KB]

        平成30年度福良財産区特別会計当初予算書 [PDFファイル/164KB]

        平成30年度北阿万財産区特別会計当初予算書 [PDFファイル/154KB]

        平成30年度沼島財産区特別会計当初予算書 [PDFファイル/150KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)