ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

議会基本条例

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月26日更新

南あわじ市議会基本条例

議会基本条例と解説(PDFファイル)

議会基本条例と解説 [PDFファイル/201KB]

議会基本条例運用基準 [PDFファイル/72KB]

議会改革のあゆみ(平成20年11月~平成24年9月) [PDFファイル/191KB]


 南あわじ市議会は、平成20年11月に「議会改革特別委員会」を設置し、以来、議会機能の充実強化や活性化、市民に開かれた議会を目指し鋭意検討を進めてきました。

 この間、議長交際費並びに政務調査費の公開、議会報告会の開催、議案に対する議員間の討議及び賛否の公表、一般質問のインターネットによる録画配信などの試行実施にも取り組んできました。議会基本条例を制定しました

 この度、これまで積み重ねてきた改革への取り組みを確かなものとするため、議会及び議員の役割、行動指針等を明確にするとともに、議会運営に関する基本事項を定め実践するため「南あわじ市議会基本条例」を策定しました。

 この条例は、議会が市民の代表としての責任を自覚し、その負託に応えることにより、市民の福祉向上に貢献していく決意を明らかにしたものです。

 南あわじ市議会は、この条例の理念に基づき、議員一人一人が市民代表としての責務を果たすとともに、市民を代表する機関として積極的な情報公開と説明責任を果たしていくと同時に、この条例制定を機に地方自治の基本である、ともに選挙で選ばれた市長と議会による二元代表制の下で、その機能を最大限発揮することにより、市民に信頼され存在感ある議会を目指します。

 平成24年9月26日議決
 平成24年10月1日施行

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader(無償配布)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、ダウンロードしてご覧ください。